太る

時は過ぎ、新しい年となっている

昨年9月に、じいさんが原因不明の発熱で
立つ事が出来なくなり、入院
その折に、私は弱い腰をまた痛めた
それでもじいさんの病院に通わざるをえない
歩くのも車の運転も腰にくる
割と楽なのは自転車だったのは意外

アレコレ持ってこいと
電話があるので
1日置きくらいで通った
市販薬や健康食品も持ち込めと言うので
看護師さんに禁止であると言ってもらうなんて事も
娘の言うことなど聞きゃしないのでね

じいさんは、10月に3ヶ月間のリハビリ予定で
老健に入所
しかし、病院と同じように
規則などお構いなしに持って来いと電話してくる
はじめは週に2回
今は週に1回通っている
妹が交代で行こうと言ってくれたので
実際は月2回
でも電話は週に2回ある

リハビリの結果、歩行器で歩く事は出来るけど
帰って来たら、医者に通ったり
床屋に行ったりを介助せねばならないとなると
私の腰が心配と主張して
延長している
(ショートステイ扱いなのかな)
じいさんも、家に帰るのは不安らしく
ここにずっといるのだと言っているが
3月に介護度の見直しなので
追い出されないか心配

じいさんが老健入所してから
3ヶ月で、近場の温泉や出雲大社方面にも
出かけた
暖かくなったら、今度はどこに行こうか

今まで友人達が
大変だねと言うので
もっと大変な人を介護してる人はたくさんいるんだし
私のしてることくらいそれほどでもないのにって思ってたけど
看てるのと看てないのとでは全く違うのね
介護されてる方、本当にお疲れ様です

そして、歯は
痛みに耐えて、多少のズレはあるけれど
1列に並んだ
歯医者に行くのも歯磨きも楽しい
でも順調にいっても、後2年はかかる予定

じいさんの食事の事や
汚れたトイレ掃除なんかがなくなり
歯の痛みも殆どなくなり


はい、
おいしいものを美味しくいただけるのです


半年以上経過

もう、半年
まだ半年
歯列矯正の器具にも調整にもだいぶ慣れて来た


あまりに並びが悪いからか
先生の方針か
ワイヤーがあるのは
上下の内側と外側上は
三本に分けて全部
下は片側犬歯から奥歯にかけて

もうね、口の中ハリガネがいろんな形でクネクネと
歯に絡みついてる感じ


ワイヤーは徐々に増えていくので
調整後すぐは見慣れなくて
マスクしてるんだけど
3日もすりゃ自分は見慣れるから
マスクも外して生活してるけど
久しぶりに会う人はギョッとすると思う
不機嫌なわけではないのに
外では無口になる



食事は1番困る事
でも、友人とモーニングくらいは行くので
始めにいまはこんな状態と
見てもらう事にした
じゃないとおしゃべりの時気になっちゃうだろうから


パンも麺もご飯も野菜も肉も
ワイヤーや器具に絡みつくし
かたいものは噛めないので
外食はしたくない


口内炎はもともと出来やすいので
口内炎対策が大変だ
歯医者で出してもらうワックスをつけたり
ネットで手に入れた
シリコンの粘土みたいなものをくっつけたり
口内炎の薬を塗ったり貼ったり


歯が移動するので
器具が口の中で当たって痛い箇所も変わっていく
ほんの少しの移動で
昨日まで右上だったのに
今日は左だったり、前だったり

コレさ、大人だと自分で対処するし
歯が動いてるんだから……と
冷静に考えるけど
小学生くらいだと、どうすんだろ?
あまり食べられないし、
気分も落ち込むよな




抜歯した部分は
隣の歯が移動して
すっかりふさがっている
すごいな


まだ一本抜歯があるのよね (><)








お手伝い

この田舎町でも
最近は葬儀も家族葬が増えてきた

年度末に近いある日、同じ地区の方が亡くなり
葬儀に際し
町内会の手伝いを希望された

我が家が町内会の地区班長になっている

まず、会社に行ってる大王に連絡が入り
仕事を途中でやめて帰宅
すぐさま、お悔やみに伺い
通夜や葬儀
町内会で手伝う内容の打ち合わせ

翌日お通夜とのこと

地区の方々に訃報を知らせ
合わせてお手伝いのお願い

お年寄り世帯はともかく
今時は夫婦共働きや独身1人暮らしも多く
連絡が取れないお宅もちらほら

翌朝になって
やっと全戸に連絡が取れ
出欠が確認出来た

その後も準備やら打ち合わせやら
バタバタと過ぎていった

昔はもっと大変でこういう事で
町内会のきずなができたんだけどねぇ……

良い事か悪い事かわからないけど
だんだんなくなっていくだろうな


皆で送って欲しいと希望された故人は
満足して下さっただろうか……合掌


要注意

散歩や買い物に行くため
田舎道を歩いていると
お年寄りが
杖をつきながら
あるいはシルバーカー(手押し車)を押しながら
ゆっくりと歩いている

いくら田舎とはいえ
時折車が横をすり抜けて行く

先日は
数メートル先をシルバーカーを押して歩いていたおばあさん
前から車が来ているにもかかわらず
突然道路を横切って行こうとした

車は強いブレーキ

でもおばあさんは気にせず
トコトコそのまま歩き続ける

危なかったという気は無いから
また同じこと繰り返すんだろうな


今朝は
向かい側から歩いてこちらに歩いてくるおじいさん
後ろから車が来てるにもにもかかわらず
後ろも振り返らず
突然道路を渡り始めた

運転していた女性は
スピード落として通り過ぎようとしてたが
ブレーキ踏んで止まった

運転者と目を合わせ
お互い失笑

おじいさんは何ごとも無かったように
歩き続ける
車が止まった事も知らないのだろう


車を運転する高齢者も危ないけど
高齢の歩行者も危険なのだ



もっと危ないのは
自転車の高齢者

要注意だ

抜歯

今日、上の歯抜きますね

ああ、いよいよか

一本だけにしますか?二本一度に抜きますか?
二本だと噛みにくさが倍になるからねぇ
と、先生

今も噛みにくいから
一度に抜いて下さい

って事で
上の二本抜きました

立派な歯でしたって見せてもらった

健康な歯、抜くなんて……



麻酔が切れたらすごく痛いので
処方された鎮痛剤を飲む
少し楽になって来た

今まで抜歯後に処方された鎮痛剤を
使った事は無かったんだけどな
夜中に何度か目が覚める
その後痛みで寝付けない

一部に歯を動かすためのワイヤーも装着
痛いのはイヤだけど
早く動いて欲しいね

«ダイエットだ