« おへや | トップページ | 待ってました »

ダンボ

毎日、子供Bの病室(大部屋)に
行っているのですが

同じ部屋の人の会話
カーテン越しに筒抜け
聞き耳を立ててるわけじゃぁ 無かったりあったり・・・

 

50代後半~60代の、おっさん

(奥さんが入院に関する書類を持ってくると)
夫「持ってきたのか」
奥「持ってきたよ」
夫「書いてきたのか?」
奥「良く、わからなかったから、書いてない」
夫「何でわからんのよ?」
奥「違うこと書くと、(あんたに)叱られると思って・・・」
夫「ココは、俺の名前、こっちはお前、ここには○子(娘?)
  そんなことくらい解らんのか?」
奥「・・・・・」

奥さん、がんばれ!
・・・・もう、言い返すのも、やなのね
解るわ~  うん、うん、わかる、わかる
でも、ストレス溜め込んじゃダメヨ
夫の入院中に発散しときなさいよね
奥さん、カーテン越しに応援してるからね!

 

同じおっさん

看護士「○○していただきたいのですが・・・」
   夫「○○は、どうしてもしなきゃいけない?」
看護士「先生から指示が出ていますので、出きれば」
   夫「アレは、痛いでなぁ」
看護士「少しは痛みますが、後のことを考えると」
   夫「処置がやりにくいのやな・・・・
     ・・・・・いいわ、家のやつ(奥さん)が、来るで
     それはやらせるから 痛いでいやや」

痛いからって・・・子供かい?
その後、先生が現れて説得していたが、どうなったのやら・・・

 

30代の男性

看護士「体ふきのタオル、持って来ましょうか?」
   男「そうですね、お願いします」
看護士「何時ごろがよろしいですか?すぐ?」
   男「いつでもいいよ。時間のあるときで」
看護士「お背中、お手伝いしましょうか?」
   男「お願いしようかな?いつも悪いね」

彼は、病室の人気者 若い女性の看護士さんたち
「痛みは無いですか?」「今日は調子どうですか?」
病室に来ると、必ず彼に声をかけていきます
顔はそんなに・・・・なんだけどね
ス・テ・キ な方です

上のおっさんに声がかかるのは、
ハズレくじを引いた担当の看護士さんからだけです
もちろん用事のあるときだけです

« おへや | トップページ | 待ってました »

コメント

>・・・・もう、言い返すのも、やなのね

あぁ~わかるわぁ、その気持ち。
私もよくだんまり作戦やっちゃいます(笑)

でも、あまり黙ってると、又、とばっちり来ちゃうのよねぇ(^^ゞ

<うさこ様>
私は、聞こえなかったフリを良く使います
だんまり作戦は、腹が立つと使います

とばっちりを受ける前に
その場からは、一端退却します

臨機応変に作戦を練って、頑張りましょう!(笑)

("`д´)ゞ ラジャ!!

そうですね・・・
顔を見るのも声を聞くのも「いやや」ざんす。

顔だけは、笑って
お返事だけは、「は~い」
私の作戦!

心で「あっかんべ~」
だってこうしないと
ストレスたまるんだもん!!!

<さくら子様>
>お返事だけは、「は~い」

大人の対応ですね~
それが出来るなんて、素晴らしい!

見習います。努力してみます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おへや | トップページ | 待ってました »