« ひぇ~ | トップページ | ガンバレるかな »

アヒルに死神、それから・・・

子供Bの部屋に行くと、いつもネットゲームをしていて
廃人一歩手前に見えたので

漫画魔王をきっかけに、伊坂さんの本でも読んだらどうよ?と
1冊手渡してみた

 

気づくと、おかんの本棚から他の本も一冊、また一冊と減っていくので
読んでるんだなと思っていたら
「この作品の、あいつは、あの作品のあいつか?」と聞いてくる
そこで 秘蔵の数年前の雑誌ダ・ビンチの
伊坂幸太郎特集号の作品リンクのページを見るように言ってみた

その後、子供Aが下宿に持っていっていたラッシュライフも
先日おかんが子供Aのところへ行ったときに
持ち帰ってきて欲しいというので
持ち帰ってきた

 

部屋を覗くたびパソコンに向かっていた子供が
漫画以外の読書をしているのを見るのは何年ぶりだろう

 
喜ばしいことだ 

 

家にある伊坂本(ほぼ文庫本)は ほとんど読んでしまったようだが
おかんが図書館で借りて読んだだけの アヒルと・・・ とか
死神の・・・ とか、 ゴールデン・・・ も読みたいという
この先、読みたくなったら図書館で借りてこればいいかと考えていたのだけれど
子供Bも読むし
子供Aも家にあれば長期休暇に家に帰ってきたときに読むだろうから
買っておいても良いかもしれない

いつでも、読みたいときに、伊坂さんの本が手元にあったほうがいい

 
 

それにしても、小説をこんなに何度も読み返すというのは
伊坂さんの本が初めてだ

  年を取って内容を忘れてしまうから

 

 

  ・・・・・・・・というわけでもない

  (細かい描写などは、確かに忘れるのだけどね)
  

  
 
 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
たま~には、面接にも行っているようだ
この前、「  採用通知」が届いていたものな

  

そろそろ、本腰を入れてもらわないと困るぞ

 
 

伊坂本をきっかけに
子供Bとの会話の時間も増えた
そろそろ、こちらも本気で発破をかけても良いものか
もう少し、我慢するところか・・・

 

« ひぇ~ | トップページ | ガンバレるかな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひぇ~ | トップページ | ガンバレるかな »