« コーヒー | トップページ | レンジで一夜 »

ピエロ と 魔王

ふわっと、春君が落ちてきました

「春が、二階から落ちてきた」
春君も泉水君もステキでしたheart

 

 

 

先週、子供Bと映画に出かけた
子供Bは「天使と悪魔」を鑑賞

おかんは
0906072_2
を鑑賞

 
 

映画は小説とは、少し設定も変えてあった
けれど、小説の重いけれどふんわりとやさしい感じが伝わってきた

 

 

前評判通り、とても良い作品です

満足、満足


 

子供Bの観た「天使と悪魔」も面白かったって 

その後、ショッピングモール内でランチをしながら
映画や小説について話していたら

漫画「魔王」を買いに行こうかということになり

B。。K 。FFへ

1巻と2巻を手に入れた

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

漫画「魔王」は小説「魔王」とは、

設定は違うなぁと読んでいた

2、3日したら
子供Bが面白いと思ったのか3巻と4巻を手に入れてきたので続きを読んだ

ええっ?こんな話じゃなかったしぃ
そか、そか、小説とは別物
漫画は、漫画「魔王」というひとつの作品として読んだ方が面白いわ

 

小説も、映画もあくまで原作伊坂作品 

8巻まであるということなので
その後を読むかどうかは、子供Bにゆだねることにしよう



 
 

    おかん「伊坂さんの魔王は、漫画よかずっと面白いよ」
    子供B「ふ~ん、読んでみよっかな?」

 
 
 

 

« コーヒー | トップページ | レンジで一夜 »

コメント

重力ピエロ面白そうだねぇ^^
茅ケ崎では7月上映みたい♪
行ってみよう♪

それにしても、息子さんと一緒に行って、違う映画をみるなんて、なんか笑える^^

<うさこ様>
映画はたいてい一人で行くのですが
今回は「観たいのがある」という子供を連れて行きました
前に妹と行ったときもそれぞれ違うのを観てました
 
彼とだったら、観たくないのも一緒に観るけどね
(彼っていたっけ?)

息子くんと一緒に出かけて別々の映画を見るのは、
自然でイイ感じだと、私は思います^^
「母親と息子」って、それぐらいの「距離感」が
ちょうど良い…というか、むしろ、一緒に出かけて
感想を報告し合えたら、それでもう、充分嬉しい。

『魔王』は、漫画のあと、原作を読みました。
安藤くん兄弟の年齢設定は違うけど、小説を読み
ながら、どうしても漫画のキャライメージのまま読ん
でしまう(自分なりのイメージを作れない…(^^;)
ので、それぞれ独立した面白さはあるけれども、
やはり読む順番が違ったかも…と思うことでした。

私の好きな「蝉」は、原作では『魔王』じゃなくて
『グラスホッパー』の方に出てくるみたいですね。
何だかもう、どういう順番で読んでいいのかわかり
ません…自分なりに、伊坂氏の作品は発表された
順に読んでいこうと計画していたのですが(せっかく
処女作の『オーデュボンの祈り』を最初に読んだこ
とだし…と思い)、夫が勝手に借りてきてくれちゃ
う本とか、息子が貸してくれちゃう漫画があるので
順番メチャクチャ、頭ん中グチャグチャ…になりつ
つあります(笑)。
何かこだわったほうが良い順番があったら教えて
下さいまし。

「レンジで一夜」…私も時々やってしまいます。
レンジの中のものを発見してから、「そう言えば、
昨夜は、おかずの種類が少ないような気がした
んだよな~」なんて…(笑)。 なんでその時に思
い出さないんでしょうかね?(苦笑)

<ミセス・かんちがい様>
私自身は、成人してから親と二人で出かけるのは病院への送り迎えをしたくらいではないかと思うので
結構一緒に出かける事がある我が子を不思議に思っています
「親」として認められていないのかもしれません(笑)

映画や漫画になった作品を文字で読むときは、どうしても映像や絵になった登場人物から離れられなくなってしまいます
ハリーも映画が先だったら、最後まで読むことはなかったかもしれません
 
魔王の原作を読んでみようと思われたのは、漫画「魔王」も完成度が高く面白かったからなのではないでしょうか?
原作にとらわれずに読めば、楽しんで読めます
伊坂さんの「魔王「」と「グラスホッパー」を上手くつないであるようにも思えます(まだ、途中までしか読んでいないのですが)
 
伊坂さんの本は、図書館で棚にあるものから順に手にとって読んできていますので、順番はめちゃめちゃで読んでいます。が、何度読んでも新鮮なんです。不思議です
登場人物もそれぞれ味があるし、語らせているせりふも、コレには深い意味があるのか・・・と考えてしまうからでしょうか
 
子供に「作品同士のリンクがある」と教えたら、「全部読まなきゃいかんのか?」って言ってましたよ
かんちがいさんも、伊坂ワールドにどっぷり浸かって下さいな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒー | トップページ | レンジで一夜 »