« ・・・・・・・・・・・・・・ | トップページ | お礼ってことで »

晴れ間に

庭の木の枝がどんどん伸びて

ついに郵便受けの上までかかってしまった

雨が降ると、枝が垂れ下がって

新聞や郵便やメール便を配達してくれる人が

新聞や郵便やメールをポストに入れにくいだろう

 

広報を地区の役員さんが配ってくれたのだけれど

梅雨のちょっとした晴れ間に、

丸めて郵便受けに突っ込んどいてくれたので

出ている部分は、午後から降り出した雨に濡れて

広げて読もうにも、ページがくっついちゃって、読めなかったこともあって

 

 

郵便受けの周りだけ

梅雨の晴れ間に、チョキチョキ枝を切り落とした

 

五十肩で右腕の上がらないおかんは

それ以上高いところの枝は手が届かないので

大王が切ることになった

 

カンカン照りの日に庭木の剪定はやりたくない

ちょうど日曜は湿気は多いものの

雨も降らず、日も照っていない曇り

今日しか決行の日はない

 

剪定ばさみを持ち出して

順調に作業は進んでいく

 

と、言っても素人の大王だ

メチャメチャとにかく伸びた邪魔な枝を切っていく

やたらめったら、切りまくる

まるで最近、ショートカットにしたおかんの髪を切った美容師さんのようだ

 

もう、これくらいでいいよ

と言ったのに

上のほうの枝も切ったほうがいいと言い出す

じゃ、もう少し大きい脚立をじいさんのところで借りてこないとできないよ

と、言っているのに

ブロック塀に立ってやろうとする

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ブロック塀に立とうとして・・・

 

 

 落ちた

 

かなり派手に落ちた

 

ブロック塀は1.2mくらいの高さだろうか?

そこから道路側に尻もちをつく形でオッサンが落ちたのを見た人は驚いただろうな~

通行中の車の中から見てた人もいるだろうな~

 

おかんは、そんなことを考えて、落ちて尻もちをついて転がってる大王を見ていた

 

と、立ち上がって、家の中に入って行った

 

道路に散らばった切った枝とか脚立をとりあえず脇のほうに寄せて

家の中に入って大王の様子を見に行った

 

「骨は折れとらんの?」

「わからん」

大王は数年前に車庫の屋根を直していて、脚立をひっくり返し2メートルくらいの高さのところから落ちて、肋骨にひびが入ったことがあったからだ

今回は尻もちだったので「ケツが痛い」らしいが

前回のように声も出せないほどの痛みはないから大丈夫と思うという

しばらく休んでから、剪定を続けた

 

おかんは、枝をゴミ袋(4袋)にせっせと入れた

右腕は力が入らないので利き腕じゃないほうの左腕をたくさん使って仕事をした

今朝は右腕も左も痛い

大王はケツ

 

大王、病院に行ったら 診断は打撲でした

0907141

 

 

 

« ・・・・・・・・・・・・・・ | トップページ | お礼ってことで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・・・・・・・・・・・・・・ | トップページ | お礼ってことで »