« うろうろ | トップページ | 映画 »

のどが

喉がイガイガして、調子が良くない

うがいをして、イソジンを持参して仕事に出かけた

職場は乾燥していて、ますます喉が調子悪くなり
咳まで出はじめ、接客していても咳が容赦なく出ようとする

咳をかみころして涙目になったり
後ろを向いてハンカチで口を押さえながらできるだけ最小限に咳をしたりして
昼休みまでなんとかすごしたけれど

 

この状態はきついので
ドラッグストアで咳き止め薬を買ってきた

 

 

目に入ったのが
なかなかイケメンの若い男性の薬剤師と思われる白衣を着た店員さん

 

以前は自分より年上の仏頂面したおじさんだったんだけど
若い男性薬剤師さんに替わったようだ

 

今の時期はこういう症状の人が多いのか
さまざまな種類の咳き止め薬が棚に並んでいたので
棚の方へ歩いて行くと

同じような薬が並んでいるのだけれど
今までとは違って棚にたくさんポップが張り付けてある
おじさん担当のときは、こんなにたくさんのポップはなかった

 

 

「しつこく残ってしまった咳なら、漢方薬に・・・・・」

「咳だけすぐに止めたい方に、すぐに効き目が表れます・・・」

「小さなお子さんから大人まで飲めます・・・・」

 

これはいい
薬の特徴がわかって選びやすい・・・・・けど、

 

 若い男性薬剤師さんなら、呼び止めて
 いろいろ質問してみたい気もするが
 こんなにわかりやすく書いてくれていたら
 質問しなくても、読んだらわかっちゃう

 

即効性のある、飲みやすい液体のものを買ってきました

おかげで午後は咳も止まりました

ドラッグストアに行くなら、あのお店だな

若い男性薬剤師さんがいるポップがわかりやすいからね

 

 

« うろうろ | トップページ | 映画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うろうろ | トップページ | 映画 »