« プールに関する思い出 | トップページ | 大掃除 »

だんだん

すっかり秋だ

散歩の季節だ
道端にコスモスが揺れ
田んぼは稲が刈り取られ
家々の庭には、秋の花が咲き競っているのだ

少し早足でウオーキングすると
汗ばんで来るが涼しい風がなでるのが心地いい

そんな今日この頃



おばーば(101歳)が買い物に行くスーパーに
顔を出してみた
出遅れたので、すでにレジを済ませたおばーばに遭遇
その後、集合場所であるフードコートコーナーに移動した
その歩みが随分とゆっくりになってきた
もう食料品売り場をまわるのがやっとで
文房具や電池などは
連れて来て下さる職員さんにお願いしているようだ

コーヒーでも飲むかい?と気を利かせてくれるので
そんなに飲みたくもなかったけれど付き合う

いままでは財布を出して
お金を準備してくれていたが
そんな様子もないので
こちらで支払いをする

スティック砂糖は3本にしてもらい
席まで運ぶと
思い出したように
お金を出してくれた
そこは姪としては、甘えておく

砂糖を開けるのに手間取っていたので
二本開けてコーヒーに入れる
と、やっと開けた砂糖をテーブルにこぼしながら
コーヒーに入れるのかよ、と、思ったらば
そのスティックでコーヒーをかきまぜちゃった
あらら、、、
砂糖が固まって落ちないので
反対側を開いて入れてスプーンを渡す



あー101歳、段々老化して来てるよ



« プールに関する思い出 | トップページ | 大掃除 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プールに関する思い出 | トップページ | 大掃除 »